カリフォルニア・アマチュア予選
2015年 5月 15日(金曜日) 10:16

5月11日Seacliff Country Clubで行われたCalifornia Amateur Qualifyingに参加してきました。この予選を通過すれば、サンフランシスコのLake Merced Golf Clubで行われる6日間のCalifornia Amateur Championshipに参加できます。

このSeacliff Country Clubは月に2度はラウンドするホームコースのようなもので、結構自信がありました。ただ、ここのグリーンはアンジュレーションがかなりあり、グリーンが速くなるとすぐに3パットしてしまうむずかしいグリーンです。この日もトーナメントということで、かなりグリーンは速くなっていました。ただ、近場のコースの強みで、前日に練習ラウンドを行い、その後も約1時間半はパッティングの練習を行った。準備は万端でした。

さて、私は10番ホールからのスタート。普段は1番ホールからのスタートが当たり前なので、これはちょっとディスアドバンテージ。10番はちょっと狭い397ヤードのパー4。普段はドライバーで100ヤード以内にセカンドを残すところですが、いきなりのドライバーでのOBはきついので、考えた末、2番アイアンでティーショットすることに。そのティーショット、ダフリ気味で左手前の池に大方入るところでしたが、なんとかセーフ。それでも残りは200ヤード近く残してしまいました。セカンドはグリーンを外し、チッピングも寄らずボギースタートとなった。カリフォルニア・ミッドアマチュア以来の試合だったので、ちょっと試合勘が鈍っていたのかも。次の388ヤードのパー4も、左が池で右は林なので、2番アイアンで。普段は得意の2番アイアンだが、1番に続き2番もミスショット。右に大きくブレて、残りは210ヤード。それでも右からドローで打てば、2オンも可能でした。しかし、2打目は木に当てて、3打目も寄らず、おまけに3パットしてダブルボギー。スタートから2ホールで、いきなり3オーバー。しかし、私の予想では予選通過ラインは2オーバーぐらいと思っていたので、まだまだ諦めるわけにはいかない。

3番は528ヤードのパー5。バーディーも狙えるホール。予定通り、セカンドでグリーン手前70ヤードにつけて、サードショットも結構ピンに寄せてバーディーチャンス。しかし、下りにつけたためにバーディーは取れずパー。このコースは下りのパットを残すと本当に厄介だ。4番の233ヤードの長いパー3はボギー。タフなショートホールで、これはまあボギーでも仕方なかった。ただ、次の395ヤードのパー4はバーディーでここからバーディー・ラッシュといきたいところだ。

16番429ヤードのパー4、17番215ヤードのパー3、18番498ヤードのパー5、この3ホールをすべてパーオンするも、バーディーは取れず。前半は3オーバーで折り返した。この3ホールで1つか、2つバーディー欲しかったなあ。

そして後半の1番ホール、2番ホールはパーでホールアウト。この2ホールは、ナイスパーセーブかな。そして迎えた3番は、ハンディキャップ1の196ヤードのパー3。ショートホールがハンディキャップ1のところは珍しいが、手前に池とバンカー、右も池、グリーンオーバーするとパーは取れないという非常にむずかいしホール。最悪でも左手前に打ってパーは取りたいところ。しかし、大きめのクラブ4番アイアンで軽く打ったティーショットは、手前の池へ痛恨の池ポチャ。そんなに悪いあたりではなかったが、この頃から急に風が吹き出していたのだろう。しかし、アゲインストの風はこのティーグランドからは感じなかった。ここをダブルボギーとして、これで予選通過は難しくなってしまった。

どんなことが起こるか分からないから、「絶対に気持ちが切れないように」と自分に言い聞かせたが、後半は2ダブルボギー、2ボギー、1バーディーで、5オーバーの41。結局8オーバーの80でした。

予選通過ラインは私の予想を1打下回る3オーバーでした。ということで5打足らず。この日は昼前ぐらいから風が吹き始め、私は早めのスタート時間だったので、私の後から回るグループよりも有利だった。調子も悪くなかったし、前の日にかなり時間をかけてパッティング練習した甲斐もあって、グリーンのタッチもあっていた。3オーバーは私のこのコースの平均スコアーぐらいだったから、普段通りのプレーができていれば予選通過できていた。

原因は、一言で言えば試合勘不足。風の読み、試合用のスイングができなかったことなども原因かも。特に2番アイアンの時に、普段よりもスイングテンポが早かった気がする。

ただ、カリフォルニアのゴルフの試合のシーズンはこれから。次はあのUS Openの予選が来週火曜日19日Oak Creek Golf Clubで行われる。ここは私の好きなコースだ。その前に、今週末私のホームコース、Mission Viejo Country ClubClub Championship、日本でいうクラチャンを決める試合が行われる。その後もLong Beach Match playSCGA Amateurなどなど、どんどん試合がある。この感じで地道にやっていけば、どれかで大きな試合の本戦に出場できる、と考えています。(ゴルフ)

長谷川滋利