GOLF 12/15/2015 Tuesday@Mission Viejo Country Club
2015年 12月 15日(火曜日) 19:57

Frost Delay(グリーンが凍ってティータイムが遅れること)のために10番ホールからのスタート。8時10分スタートだったけれど、9時40分に遅れた。1番ホールは影になるためにフェアウエイがまだ凍ったままのために、Frost Delayの時はいつも10番からのスタートになる。この日は試合でもなんでもないホームコースでの普通のラウンドだったが、試合のつもりである程度の緊張感を持って臨む。

ゴルフ場に6時半到着も、練習場、パッティンググリーンが使えなかったためにフィットネスで15分ウォームアップの後、下半身のウエートトレーニングを行う。ラウンド前ということで、いつもの70%ぐらいの負荷と回数。


10thHole 405 yard Par4

いきなりドライバーを左へ引っ掛ける。左の18番ホールフェアウエイから2打目の木越えで、グリーンの左側エッジ、ピンまでは約15ヤード。チッピングはショートして5ヤードのパターの距離を残す。それを慎重に読んでパーセーブ。ドライバー曲げた割には上手くパーが取れた。


11thHole 403 yard Par4

2番アイアンティーショット、フェアウエイ真ん中、残り165ヤード。風アゲンストの上りを6番アイアンでグリーンの右の方に2オン。10ヤードぐらいのパットを寄せて2パットでパー。


12thHole 419 yard Par4

ドライバー左側ラフ、2打目150ヤードは木が邪魔をするも、5番アイアンで低くフックを打って2オン。ただ、残りのパットは20ヤード以上。ファーストパットピン横の3ヤードに残すも、それを沈めて3連続パー。


13thHole 207 yard Par3

ピンは奥で風はアゲンスト、4番アイアンでピンハイ、池とピンの間はわずか10ヤードだが、その間にナイスオン、ピンまでは約5ヤード。惜しくもバーディーパットは外す。4連続パー。ここ数週間は1番手大きめに持って軽くスイングしていたが、この日からほぼフルショットを心がけるようにした。そうするとやはりスライス気味の球が出るがコントロールは悪くない。


14thHole 552 yard Par5

ドライバーでフェアウエイ真ん中。セカンドはピンまで250ヤード。3番ウッドで2オン狙うも、少しスライスしてグリーン手前のフェアウエイ、ピンまでは20ヤード。グリーンが右から左に早く、寄せきれず5ヤードにオン。バーディーパット入らず。5連続パー。


15thHole 374 yard Par4

ティーショット2番アイアンでうまくスライスを打つ。このホールはスライスを打たないとバンカーに入ってしまう。このホール9割以上はスライスでフェアウエイ・キープできている。セカンド165ヤードで風はアゲンスト、左(谷)を怖がってグリーン右に外す。ピンまでは15ヤード。寄せきれず5ヤード近くのパーパット残す。パット外して初ボギー。ショットは良かっただけに左をあまり気にせず、ピンを狙って打つべきだった。


16thHole 209 yard Par3

4番アイアンで左目からスライスでグリーンを捉えようとしたが、思いの外まっすぐ飛んで左のバンカーへ。思い通りのバンカーショットも思ったよりスピンがかかり過ぎて5ヤード近く残す。これを外し2連続ボギー。15番は防げたボギーだったが、このホールは仕方なかったか?


17thHole 469 yard Par4

ボギー、ボギーの後の一番苦手なホール。ずるずる行きそうな感じだったが、開き治ってドライバーを思い切って振る。真芯にあたり300ヤード以上のドライバーショットがフェアウエイ真ん中に。160ヤードの風アゲンストを6番アイアンでグリーン右10ヤードに2オン。大きくフックする難しいラインを合わせて打ってバーディー。一番むずかしいホールでのバーディーは気分が良かった。


18thHole 429 yard Par4

3ウッドでティーショット、フェアウエイちょっと右の浅いラフ。ピンまで170ヤードのセカンドショット、トップ気味もグリーン手前のバンカーをギリギリ越えて2オン、ただ、ボールはスロープで大きく左へ、ピンまで約10ヤード、うまく前に転がっていればベタピンだったが残念。2パットでパー。前半は2ボギー、1バーディーの1オーバーでスコアー36。


昼はトマトビスクのスープと果物(すいか、パイナップル、ぶどう、メロンの切ったもの)


1stHole 533 yard Par5

3ウッドでティーショット、右の浅いラフへ。セカンドショットは木が邪魔なために、2番アイアンでフック打ち。木のギリギリ右をうまく抜けてフェアウエイ、ピンまでは40ヤード。上手く寄せてピンまで2ヤード。これを沈めてバーディー。10ホール終えてパープレー。


2ndHole 430 yard Par4

ドライバー当たり損ないも、フェアウエイ右側。150ヤード、風アゲンストを軽めの7番アイアンで1ヤード以内にナイスオン。2連続バーディー。11番を終えて1アンダー。これまででベストスコアーは1アンダー。もしかして出るかも。


3rdHole 228 yard Par3

コースで一番むずかしいパー3。ピンは奥だったから池の心配はいらないのに、右に逃げてバンカー。かなりの左足下がり。フェースをかなり開いて打とうしたが、トップ気味に入ってしまいグリーンオーバー。次のチッピングを2ヤード以内に寄せる。まっすぐと読んだパッティングが左に曲がってダブルボギー。一気に1オーバーに。スコアーを気にかけて大事にいって返ってスコアーを崩した。このコースでは守りに入ったら崩れる。これだったら池に入れるのと同じだった。とにかくいろいろ考えず、1打1打にベストを尽くすことに集中すべきだ。こういうむずかしいコースではなおさらだ。


4thHole 452 yard Par4

ティーショットのドライバーはフェアウエイ真ん中に。残り165ヤードを6番アイアンでピン左にオン。約10ヤードを2パット。このコースのハンディー1のホールを簡単にパーで上がる。ダブルボギーの後だけに、立ち直るきっかけになる。


5thHole 401 yard Par4

ティーショット2番アイアンをフルショット、フェアウエイ真ん中。残り160ヤードを6番スライスで攻めてピンの右にオン。ピンまで10ヤード以内を2パットで2連続パー。


6thHole 213 yard Par3

4番アイアンで狙い通りグリーン左側へ打つも、少し風に戻されてグリーン右手前のエッジへ、もう少し飛んでいればピン近くにオンしていたかも。それを寄せきれず5ヤード近くのパットを残す。それを外してボギー。ここでのボギーは痛い。まだまだチッピング精度を上げないといけない。15ホールを終えて2オーバー。ベストスコアーは断念。

 

7thHole 426 yard Par4

ティーショットのドライバー、右のOBを嫌ってか左へスライス。思い切りが良い時は左のOBラインからフェードで戻してくるのだが、この日は左のバンカーへ。それも160ヤード以上の距離を残した。グリーン左の池は避けないといけないからどうしてもバンカーショットは左へいってしまう。グリーン左手前の浅いラフ。ピンまでは約35ヤード。うまくチップショット出来たが、跳ね方が悪くピンの右5ヤード辺りへ。そのパットを外し2連続ボギー。16番終えて3オーバー。チッピングはもう少し球を上げて直接グリーンをヒットするべきだった。このホールは考え方のミス。


8thHole 542 yard Par5

ティーショット、フォローの風に乗せて2オン狙いのつもりが、左に引っ掛け気味であわやハザード。球はハザード内だったが打てる場所。ただ出すだけだが。7番でうまく出せるも強すぎてバンカーへ、しかも顎近く。ピンまで220ヤードぐらいだったので、フェアウエイに残しておけば3オンは狙えたのに。池までは170ヤード、5番アイアンでスライスを打ちできるだけグリーン近づけて寄せ1を狙うも、スライスせず真っ直ぐ飛んでギリギリ池に入る。なんとここでも考え方のミス。最善を尽くしすぎて最悪の結果に。池手前から80ヤードを58度のウエッジで打ち、距離はバッチリも方向が悪くピン左5ヤード以上のボギーパットを残してしまう。これを外してダブルボギー。17番を終えて5オーバー。このホールはティーショットを左へ打った時点でパー狙いにするべきだった。常に考え方は最悪の結果にならないようにしないといけない。


9thHole 451 yard Par4

ここで再び1打1打に集中することを思い出す。ティーショットはドライバーでフェードを打ちフェアウエイ右側へ。175ヤードを5番アイアンでグリーン右側へ。丘に当たって大きく左へ跳ねる。ピンに寄ったと思いきや跳ねすぎて右側のラフへ。チッピングは2ヤード以内に寄せてパーをセーブ。ボギー、ボギー、ダブルボギーの後のパーは良かった。ただ、前半集中できていたのに、15ホール目以降はスコアーを気にしていたかも。1打1打にもっと集中しなければならない。まだまだショートゲームの精度は上げないといけないし、トラブル時の考え方を変えないといけない。これは勝負に出る時なのか、無理をしない時なのか判断できるようにならなければならない。そのためにもこのように振り返ることは大事。


ラウンド終了後、ランチはチャイニーズ・チキン・サラダ。30分でランチ終了後、40分間パッティング練習。その後、オフィスへ。