2016/01/04 @El Dorado Park Golf Club
2016年 1月 04日(月曜日) 17:08

この日が今年初の18ホールのフルラウンド。1月1日は初打ちで9ホールだけ、昨日1月3日も練習がてら9ホールのラウンド。このエルドラド・パークは今年ロングビーチのマッチプレーが行われるゴルフ場。以前ロングビーチ・シティー・トーナメントがあった。難易度は平均ぐらい。ただ、古いコースで木がかなり大きく育っており、簡単なパブリックコースのように何処に打っても良いという訳にはいかない。 ティーショットに気を使うゴルフ場だ。この日はウエスタン・ヒルズ・カントリー・クラブでプレーする予定だったが、内陸は雨の予報だったために、ビーチ沿いのゴルフ場でのプレーとなった。

1. 357 yards, par 4 ①2番アイアン、芯に当たらず距離を残す。②168ヤード(168)を6番アイアンで軽く打つも、軽く打ちすぎてピンから11ヤードにオン。③上りのフックラインを外し、パースタート。

2. 353 yards, par 4 ①ドライバー、右にプッシュして右側ラフへ。②93ヤード(92)を木が邪魔なために52度ウェッジで高い球を打つも、20ヤードショート。③58度ウェッジで打つも3ヤードショート。④上りのフックのパーパット、カップを舐めるも外し、ボギー。2ホールを終えて1オーバー

3. 155 yards, par 3 ①147ヤード(147)を8番アイアンで、ピンから9ヤードにオン。②上りのファーストパットを1.5ヤードショート。③パーパットは決め、このホールパー

4. 499 yards, par 5 ①ドライバー、フェアウエイ真ん中。②残り217ヤード(216)を3番アイアンで、ピン右11ヤードに2オン。③下りのフックのイーグルパットを惜しくも外し

このホールバーディー。4ホールを終えてイーブンパー

5. 370 yards, par 4 ①ドライバー、310ヤードショット、フェアウエイ左サイド。②61ヤード(59)を58度ウェッジで打つもスピンかからず11ヤード、ピンオーバー。この日、グリーンは固く速かった上に、粒の大きい砂がスピンを掛かり難くしていた。③下りの11ヤードを1.2ヤードオーバー。④上りのパーパットは決めてパー

6. 376 yards, par 4 ①3番ウッド、左サイドに打つもフェアウエイ右側まで転がる。このホールのティーショットは打ち過ぎると、フェアウエイ右側の木が邪魔で打てない。このティーショットのように280ヤードまでなら大丈夫。やはり3番ウッドスライスで打つべき。②残り96ヤード(94)を52度ウェッジ高い球で、グリーン右奥にオン。③6ヤード下りのフックラインのバーディーパットを読み切れずパー

7. 496 yards, par 5 ①ドライバー、フェアウエイ右側。右に行きすぎたかと思ったが、右のバンカーは簡単に超えるし、右側は悪くないポジション。②180ヤード(178)を6番アイアンフルショットで打つも、右の池を怖がりグリーン左横のラフへ。この日はピン奥だったから普通に打てば池に入ることはなかったが、基本的にはピン左狙いでいい。③15ヤードのチップショット、58度ウェッジ低い球で1.5ヤードに寄せる。④バーディーパットを決めてこのホールバーディー。7番を終えて1アンダー

8. 423 yards, par 4 ①ドライバー、当たり薄く、しかも右にプッシュで右のバンカー手前ラフ。②176ヤード(176)を5番アイアンで軽く打ってナイスショットも軽すぎて、グリーン手前23ヤード。③58度ウェッジ高い球で攻めるも止まらず、ピンから5ヤードオーバー。④5ヤードの下りパーパットは決めて、ナイスパーセーブ。

9. 195 yards, par 3 ①183ヤード(180)を5番アイアンのスライスで打ち、グリーン右にオン。②12ヤード上りのフックラインを決めてバーディー。9番を終えて2アンダー

10. 543 yards, par 5 ①ドライバー、木越えでフェアウエイ真ん中。②245ヤードを3番ウッドでフック気味に打とうとするも、ちょっとトップ気味でフックはかからず。距離は丁度で、グリーン右のバンカーを超えてラフへ。③寄せやすい場所につけたと思いきや、ライがベアーグランド。25ヤードを58度ウェッジで打つもピンを大きくオーバー。これは仕方がない。やはり、フェアウエイに残すべき。この日の2打目の位置からだったら2番アイアンでバンカー手前が良かったかも。2オンを狙うならフェアウエイ右側に落とすべき。④14ヤードを寄せてこのホールパー

11. 375 yards, par 4 ①3番ウッド、右にプッシュ気味。左は池なので右のほうがいいのはいいが、木も多いので危険。やはりフェアウエイ真ん中狙い。②85ヤード(83)58度ウェッジのフルショットで、グリーン右にオン。③6ヤードのバーディーパットを決めて、このホールバーディー。11番を終えて3アンダー

12. 196 yards, par 3 ①197ヤード(193)を4番アイアンでグリーンヒットも、止まらずグリーンオーバー。この日のグリーンだと5番アイアンで手前から打つほうが良かった。②13ヤードをエッジからパターで打ち1.5ヤードに寄せる。③パーパットを外しこのホールボギー。12番を終えて2アンダー

13. 392 yards, par 4 ①ドライバー、スライスに打ち、フェアウエイ左サイドキープ。②103ヤード(102)を52度ウェッジでのショット。ライがベアーグラウンドで、ダフリ気味。打ち込もうとせず、クリーンに打つべきだった。③19ヤードを1.5ヤードに寄せる。④パーパットはカップをかすめるも外し、2連続ボギー。2ホール連続で短いパーパットを外すも、後に引かないように軽く流す。

14. 367 yards, par 4 ①ドライバー右のラフ、バンカーの手前。②89ヤード(87)を58度ウェッジでフルショット、ピン奥8ヤードにオン。③下りの8ヤードのバーディーパット、カップ手前ギリギリで止まり、このホール惜しくもパー

15. 377 yards, par 4 ①ドライバー、フェアウエイ左サイドキープ。②83ヤード(82)を58度ウェッジ、グリーン奥5ヤードにオン。③上り5ヤードフックラインのバーディーパットを決めてバーディー。15ホールを終えて2アンダーに戻す。

16. 328 yards, par 4 ①ドライバーで1オン狙いに行くも、大きく左に引っ掛ける。②96ヤード(95)も、木が邪魔でグリーンへのショットは手前の木の下、その前の木の上を越えなければならない。ピッチングウェッジで低く出そうとするも、手前の木の枝(松の枝)に当たって、なお37ヤード残す。③再び木が邪魔で、グリーンを狙うにはバンカー上の土手に当てるしかない。そこを狙って7番アイアンで打ち、ちょうど土手に当たってピンから4ヤードのスーパーショット。④上りのフック、先ほどのバーディーパットによく似たパット。このパットを決めてナイスリカバリーのパー

17. 168 yards, par 3 ①143ヤード(142)を9番アイアンでナイスショットも、スピンやはりかからず、ピン奥5ヤードへ。②下りのパット、入りかけるもカップ手前ギリギリでストップ。このホールパー

18. 491 yards, par 4 ①ドライバー、フェアウエイ右側の完璧なショット。右に行くほど、グリーンには近い。②178ヤード(177)を6番アイアンでグリーン左のエッジへナイスショット。③11ヤードのイーグルパットをエッジから打つも、1.5ヤードショート。④このバーディーパットも外し、2ホール連続で惜しいパー。トータル2アンダーでラウンド終了。

5バーディー、3ボギーの2アンダー。何度かもったいないパットがあった。4から5アンダーは出ていても不思議ではなかったが、それは今後もっとパッティング練習をするということで深く考えすぎない。大分、パッティングの思い切りはよくなっている。ショットもテンポが丁度いいぐらいになってきている。ショートゲームは、まだまだ精度は完全ではないが、低い球、フェースを開いての高い球を使い分けている。もちろん満足はできないが、今年初のフルラウンドとしては上出来。この調子で今年はどんどんいきたい。