Sony Open Pre-Qualifying通過!!!
2016年 1月 10日(日曜日) 23:30

ソニーオープンの予選会がハワイのHoakalei Country Clubで行なわれ、それに参加しています。Pre-Qualifyingは18ホールで、上位40位タイが次の日の月曜日に行われる、いわゆるマンデーに参加できる。私はこの日あまり良いプレーとは言えないながらも、4オーバーでラウンドし、ギリギリで通過しました。

ラウンドが終わってスコアーを提出する時は、あきらめムードでしたが大会役員が「76だと今のところギリギリの線だな」というように言われて、そのまま昼ごはんを食べながら結果を待っていました。9時のスタートだったので、私たちの後はもう6組だけの24名。その時点で10スポットが空いていました。76よりも低いスコアーがもう10人いれば、私はアウト。順番にプレーヤーがラウンドを終えてスコアーを提出し、役員がボードにスコアーを書くたびにドキドキワクワクでした。あんまり人のスコアーが悪いことを祈るのは良くありませんが、もう1日、それもトッププロたちとのラウンドがしたいために、なんとか通過することを祈りました。その甲斐あって? というか、私たちを含め遅いスタートのグループは、ハワイ特有の午後からの風にやられてスコアーは伸びにくい。私も苦労しましたが、その風が最後は予選通過を助けてくれました。

 

10. 537 yards, par 5 ①ドライバー、フェアウエイ右サイド。最初のホールから結構マン振り。②240ヤードを3ウッド、フェードで打とうとするもまっすぐ飛んでグリーンオーバーの浅いラフ。③27ヤードを58度でチッピングも5ヤードショート。強く打つとグリーン手前のフェアウエイまで転げ落ちるから、ちょっと強くは打てなかった。このコースの芝は、カリフォルニアではないものなので慣れるのに時間が掛かる。この前に2日間ラウンドし、練習もかなりしたが、それでもむずかしい。④5ヤードバーディーパットは少し弱くこのホールパー

11. 370 yards, par 4 ①ドライバー、真っ芯でとらえて310ヤードショット。右は池なので、他のプレーヤーは3番ウッドやアイアンを持つも、十分な広さのフェアウエイと判断。②60ヤードを58度ウェッジでピン横8ヤードへ。③バーディーパットを惜しくも外しパー

12. 340 yards, par 4 ①ドライバー、グリーン手前のフェアウエイ。ここは左がずっと池で、右に逃げたくなるが、アグレッシブにグリーンのギリギリ右を狙う。②36ヤードを58度ウェッジで打つも寄せきれず。③8ヤードのバーディーパットを惜しくも外しこのホールもパー。3ホール連続でバーディー外しのパー。ただ、2打目はもう少し寄せないといけない。

13. 171 yards, par 3 このコースはほとんどが長いパー3だが、この日のこのホールは171ヤードのブルーティーが使われている。①160ヤードを7番アイアンで打つも引っ掛け気味でピンの左11ヤードにオン。②下りのむずかしいラインを1ヤードオーバー。③返しのパットは入れて、これで4連続パー

14. 591 yards, par 5 ①ドライバー、フェアウエイ真ん中。②2番アイアンでレイアップ。③105ヤードをピッチングで打つも、ピンオーバー15ヤードにオン。④13ヤード、カップを舐めるもバーディーパット外してパー。5連続パー。

15. 394 yards, par 4 ①ドライバー、右のバンカー。②138ヤードのバンカーショット、左は池、アゴは高いで、とにかく右フェアウエイに逃げる。③54ヤードを58度ウェッジで、上手く寄せる。2日間の練習ラウンドでは、グリーンの微妙な硬さにチッピングの距離が合わなかったが、このショットはほぼ完璧。④2ヤードのパーパットを決めてパー。6連続パー。

16. 447 yards, par 4 ①ドライバー、右サイドのラフ。②167ヤードを6番で打つも、アゲンストの風に負けて23ヤードもグリーンからショート。感じるよりも上空は風が吹いていた。この時間ぐらいから風も強くなりだす。③23ヤードを58度ウェッジで打つも、少しパンチが入ってピンから4ヤードオーバーにオン。④4ヤードのパーパットを外す。⑤1ヤードの返しのパットは慎重に決めてボギー。7ホール終えて1オーバー。

17. 414 yards, par 4 ①3番ウッド、フェアウエイ真ん中。②147ヤードを9番アイアンでピンから7ヤードにオン。③バーディーパットは決まらずパー

18. 203 yards, par 3 ①212ヤードを2番アイアンでカット気味に打ちグリーン右サイドのラフへ。このホールは左がずっと池。右に逃げるのが得策。②15ヤードのチップショット、58度ウェッジで1ヤード以内に寄せる。③パーパットを決めてパー。前半を終えて1オーバー。

1. 579 yards, par 5 ①ドライバー、フェアウエイ真ん中。②3番アインで右バンカー手前へレイアップ。③118ヤードをピッチングウェッジのフルショットで、1ヤード以内にベタピン。④バーディーパットを決めてバーディー。10ホールを終えてイーブンパー。

2. 492 yards, par 4 一番長いパー4、しかもアゲンストの風が強くなってきた。①ドライバー、右の浅いラフ。②215ヤードを2番アイアンで、フェードを打とうとするもまっすぐ飛んで、グリーン左のフェアウエイ。③27ヤードを58度ウェッジでチッピングも寄らず。④5ヤード、パーパットを外しボギー。バーディーのすぐ後のホールをボギー。トータル1オーバー。

3. 532 yards, par 5 ①ドライバー、右に大きくスライス。フォローの風、パー5で力が入った。十分飛んでいるから振りすぎる必要はなかった。ボールはあわや池へ。しかし、池の右、しかもベアーグランドに大きく跳ねる。②残り180ヤードも、ライが悪くボールのすぐ手前には石が落ちている。右は池のために6番アイアンで大事をとってグリーンの左サイドを狙って打つも、クリーンヒットしてグリーン左オーバー気味に。③38ヤードの非常に難しいチッピング。高い球で打つも、止まらず、池手前ギリギリに止まる。④10ヤードを58度ウェッジで低く打ち出し、あわやチップインも入らず、パー。このホールはバーディーが欲しかっただけに痛かった。一人のプレーヤーはここでイーグルをとった。あまりドライバーフルショットしない。それでもこの日の風だったらアイアンで狙えた。

4. 201 yards, par 3 ①3番アイアンでスライス気味に打とうし、スライスかかりすぎてグリーン右手前12ヤード。②チッピング58度ウェッジで高い球を打つも、ピン手前5ヤード。③パーパット外しボギー。13ホール終えて2オーバー。

5. 406 yards, par 4 ①3番ウッド、右にプッシュ、右のウッドチップエリアへ。②木が邪魔なために、138ヤードを7番でスライスを打とうとする。十分曲がらずグリーン左のラフへ。③25ヤードを58度ウェッジで打つも寄せれず5ヤード残す。④パーパット外しボギー。14ホール終えて3オーバー。

6. 426 yards, par 4 ①ドライバー、フェアウエイ真ん中。開き直っていいスイングができる。300ヤード以上飛んだが、それほど力入れていない。②108ヤードをピンそばに落とすも、なぜかこのホールだけかなりスピンがかかり、ピンから8ヤード地点へ。③バーディーパット惜しくも外し、パー。15ホール終えて3オーバー。

7. 190 yards, par 3 ①3番アイアンでナイスショット、ピンオーバーのエッジに。②約10ヤードのエッジからのパットを強く打ちすぎて4ヤードもオーバー。バーディー欲しさに強く打ちすぎ。③パーパット外し痛恨のボギー。16ホール終えて4オーバー。

8. 414 yards, par 4 ①2番アイアン、フェアウエイも当たり薄い。②170ヤード、6番アイアンで打つもショート。ピンから18ヤードにオン。③ロングパットがカップを舐めるも外し、パー

9. 454 yards, par 4 ①ドライバー、左側浅いラフ。②165ヤードを7番アイアンで打つも、右が池だから、左に引っ掛け気味。③24ヤードのむずかしい上りのチップショット。低く一度ヒルにバウンスさせてベタピン。④1ヤードのパーパットを決めてパー

前半、惜しいバーディーパットがかなりあったが、それが入ればマンデーも可能性はある。可能性が0%でない限りはチャレンジする。ゴルフのメンタルがだいぶんできてきた。ラウンド前、1m以内のパットを入れてイメージをよくする。とにかくショートゲーム(120ヤード以内)に70%以上の時間を割く。まだまだバンカーショット、チップショットの完成度は低いが、今の感じで練習して行って、ウェッジと体が一体化すればもう1段階レベルが上がるだろう。明日は今もっている自分の全てを出す。結果よりも内容を重視する。(ゴルフ日記)

 

長谷川滋利