ゴルフチャンネル・アマチュア・ツアー優勝
2016年 2月 01日(月曜日) 14:04

昨日、強風雨の中行われたPelican Hills Golf Club South Courseでのゴルフチャンネル・アマチュア・ツアーで、プレーオフの末、優勝しました。サンディエゴで行われていたPGA Farmers Insurance Openでも強風雨のために途中で中止となりましたが、このトーナメントは強行されました。

8時の私のスタートタイムには、もうかなり雨が降りだしていました。こうなると歩きの方がプレーしやすいのですが、ホールとホールとの間が離れているために、このコースはカートを使わないといけない。バスタオルは2枚持っていていたが、いきなり手袋もベタベタでグリップがしっくりこない。1番ホール、2番ホールとボギーでスタート。それからは、距離を捨ててすべてのスイングを軽くすることにした。しかも風も吹き始めて、番手を上げて軽く振り、低い球を打つことを心がけました。その戦略がうまくいき、3番、6番、9番のミドルホールでそれぞれバーディーを取った。ボギーも前半は4つあったが、それでも強風雨の中でフロント9を1オーバー。

バック9は、より風も強くなり、バーディーどころか、パーを取るのもやっとという感じ。それでも我慢のゴルフで、グリーンを外すなら手前で、そこからピッチショットでパーを狙った。とにかくダブルボギーを叩かないように心がけた。16番で唯一のダブルボギー(十分防げていたが、パーパットを決めたくて、強気に行きすぎ3パット)を叩き、77の7オーバー。それでも、この日のコンディションなら3人のプレーオフとなったのも不思議ではない。

その残った3人は、なんと3人とも日本人。特に1人は私といつもラウンドする仲のいい友達だ。プレーオフは1番からスタート。パー4のミドルホールで、3人とも2オンせず、特に私は左奥のピンまで20から30ヤードある距離のあるバンカーに入り、寄せるのはかなり難しい。しかし、雨で濡れていて硬くなっているバンカーをうまく計算し、いいイメージで打ててほぼOKにつけてパー。私の友達の方はラフからうまく寄せてピンから約3ヤードにつけ、もう1人の日本人のプレーヤーは約4ヤードぐらいにつけた。しかし1人がパーパットを外し脱落。私の友達の方はパーパッットを決めて2人の対決となりました。

プレーオフ2ホール目は、2番ホール342ヤードのパー4。このホールは先ほどのラウンドで、ティーショットを2番アイアンで打ち当たりが悪く、2打目かなり距離を残してしまってボギーにした経験から、ドライバーを打った。完璧に捉えた球はフェアウエイ真ん中。相手の友達の方もフェアウエイだが、私よりも距離は飛ばないから、2打目は先に打ちグリーンに乗らず、エッジに。私の方は風をうまく読んでピンから約5ヤードにナイスオン。友達はうまく寄せてパー。私はバーディーチャンス。しかし、惜しくもバーディーパットは外しプレーオフ3ホール目へ。この頃には強風ではあるが雨も止んで、もうちょっとこの緊張感を楽しみたいなあ、という気もしてきていた。

プレーオフ3ホール目も短いパー4。先ほどのラウンドでは3番ウッドで打ったが、サドンデスのプレーオフ、ここは思い切ってドライバー勝負。真芯に当たった球は、グリーン近くまで飛ぶ300ヤード越えの今日イチのティーショット。グリーンまではわずか25ヤード。相手は2打目をグリーンに乗せて2パットでパー。私はこの25ヤードのチップショットを1m前後につけた。これで勝負あったと思いきや、なぜかこのパットを外しパー。プレーオフは4ホール目へ。しかし、このところのゴルフのメンタルトレーニングのおかげで怒りも後悔もない。外したパットはもう戻ってこない。次に集中。

4ホール目はパー3。この日、パー3は、パー2つ、ボギー2つ、ダブルボギー1つと上手くいっていない。ちょっと不利な状況ではあったが、とにかく1打1打に集中することだけを考えた。このホールは左のエッジに落とせば、右に転がって真ん中に切ってあるピンに寄ってくる。相手のプレーヤーはその通りに左に打った。しかし、その球は雨で濡れているためかエッジで止まってしまった。それを見た私はピンをデッドに狙い、ピンの少し右5mぐらいにつけた。惜しくもバーディーはならなかったが、友達の方が寄せきれず、パーパットも外してボギー。私はパーで、4ホール目にしてプレーオフを制し優勝した。

ゴルフチャンネルのトーナメントはどちらかというと、私にとってはカジュアルな感じのトーナメントで、これまで気持ちがなかなか入らなかったのだが、それでも1打1打に集中すれば結果が出る。とにかくPGAの予選であろうが、USアマチュアの予選であろうが、このようなカジュアルなトーナメントであろうが、目の前の1打1打に集中してプレーする。することはターゲットを決めて、そのターゲットを見て、ボールを見てスイング、あるいはパットをする。それだけだ。そのルーティンが上手くいき始めている。この調子で約1週間後に控えているPGA Northern Trust Openも頑張りたい。(ゴルフ)

長谷川滋利