1ラウンド7バーディー 2016/02/06 @Tijeras Creek Golf Club
2016年 2月 06日(土曜日) 08:14

このコースは2月下旬にSanta Margarita City tournamentが行われます。そのトーナメントにはすでに登録しているために、何度かは練習ラウンドをしようと思っています。そのコースで、この日は7バーディーが出てかなりの自信となりました。

1番ホールは525ヤードのパー5。ドライバー、フェアウエイ真ん中、250ヤードを3番ウッドで打つも、軽く打ちすぎてピンから25ヤード手前のフェアウエイへ。3打目のチッピングはピンに当たり、ピンから2mの地点に。このバーディーパットを決めて1バーディー。この日は、とにかくパットする前に、ボールがホールに入っていく様子を常にイメージしてから打つようにした。

2番ホールは380ヤードの短いパー4。ドライバー、フェアウエイ真ん中、2打目は100ヤード弱も、ピンオーパーしてピン奥10m地点にオン。下りの長いパットを決めて、2連続バーディー。バーディー2つ目

4番ホールは437ヤードの長いパー4。ティーショット、2打目と右は池なので、気を使うホール。しかし、今のショットならその心配はいらない。比較的軽く振った3番ウッドも芯を食って、残りは150ヤード。7番アイアンを軽めにピンデッドに狙い、ピン横5mにオン。このバーディーパットも決めて、バーディー3つ目

8番ホール、585ヤードのパー5。ドライバー、3番ウッドで、グリーン手前30ヤード地点まで持って行き、3打目のチッピングは1.5mにつける。このバーディーパットも決めて、バーディー4つ目。前半バーディー4つ。

10番ホール、374ヤードの短いパー4。右はバンカー、左とグリーン手前は池のホール。3番アイアンでティーショットして、120ヤード弱を残す。9番アイアンで軽く打ったショットはピンを少しオーバーも、3mにつける。このバーディーパットを決めて、バーディー5つ目。

13番ホールは534ヤードのパー5。ドライバーを左に引っ掛けて、2打目は6番アイアンで出すだけ。3打目150ヤード弱を7番アイアンで打って、ピンから8mぐらいにオン。このバーディーパットを決めてバーディー6つ目。

15番ホール、343ヤードの短いパー4。ドライバーでグリーン手前、ピンから25ヤード地点に持って行き、チッピングでピン奥4mへ。このバーディーパットも決めてバーディー7つ目。

とにかくこの日は、パットの前に良いイメージを持って打つことを考えた。2つ目のバーディーパット以降は、あまり深く読み過ぎず、First impressionを信じてシンプルに打った。練習グリーンでは、とにかく短いパットでボールがホールに沈み込むイメージを頭に残すようにした。すべてのパットの前に、練習グリーンのイメージを持って望むとこの結果になる。パットは自信と良いイメージがすべてということが、この日はっきりとした。(ゴルフ)

長谷川滋利