申し合わせ超える契約金
2012年 3月 15日(木曜日) 12:35

プロ野球巨人が、逆指名制度を利用して入団した現在の主力を含む一部選手と、契約金の「最高標準額」として球界で申し合わせた1億5千万円(出来高払い5千万円を含む)を超える契約を結んでいたことが15日、分かった。関係者が明らかにした。

標準額を上回る契約を結んだのは、ドラフトで大学生や社会人の有力選手が入団先を選べる逆指名制度や自由獲得枠があった1993~2004年に、制度を利用して入団した選手とみられる。高橋由伸選手は98年、阿部慎之助選手は01年、逆指名で巨人入りし、中心選手として活躍している。大リーグに移った上原浩治選手も99年にこの制度で入った。


朝日新聞は高橋由、阿部、上原のほか内海哲也、野間口貴彦、日本ハムに移籍した二岡智宏の6選手の契約金が計36億円だった、と報じた。巨人は取材を受けた上での反論として「最高標準額は緩やかな目安と認識されてきた。球界のルールに反してはいない」などとする文書を発表した。


関係者は「最高標準額は目安だった。優秀な選手にそれ以上の提示をすることはあったようだ」と語った。別の関係者によると、標準額を超える分の契約金は複数年に分けて支払われていた。入団時に設定した数項目のノルマを達成しない場合には支給されなかったという。アマチュア選手への利益供与禁止を12球団で申し合わせた05年の「倫理行動宣言」以降、巨人では最高標準額を超える契約はないという。

過去の契約金超過例としては、07年3月に西武がアマ2選手への不正な金銭の供与が発覚した際に設置した調査委員会の調べで、15選手に最高標準額を超える契約金、総額11億9千万円が払われたことが公表された。同年4月には横浜(現DeNA)が那須野巧選手に5億3千万円の契約金を払ったことも明らかになった。両球団には厳重注意処分が科された。

[ 共同通信 2012年3月15日 10:37 ]

 


 

アメリカでは間違いなく他球団による訴訟問題に発展するだろう。巨人がルールを破った事で、それらの選手を獲得できなかった事に対する他球団による損害賠償金を求める訴訟となる。私はアメリカの訴訟社会は好きではないが、日本のあやふや主義、強いものには巻かれろ主義もいいとは思わない。

 

個人的には、日米共に新人選手に対する契約金が高騰しすぎていると思う。日本の場合は契約金はなしにして、その代わりフリーエージェントを6年にすればいいと思う。選手に契約金を多く支払った球団が、選手の保有権を長く持とうとする事は当たり前の話。入団時の契約金も欲しい、フリーエージェントも早くに得たい、では話がうますぎる。

 

(日本プロ野球)

 

長谷川滋利