ダルビッシュ投手、岩隈投手、WBC不参加
2012年 11月 12日(月曜日) 10:45

メジャーリーグで活躍する日本人投手のほとんどが、来年の春に行われるWBC不参加を表明している。野手でも川崎選手が早々と不参加を表明。イチロー選手も、この調子で行けば不参加の可能性もある。

これまで、2大会連続で優勝している日本だが、メジャーリーグで活躍する日本人選手参加なしに、3連覇はむずかしいだろう。日本のファンとしては残念なところだが、私自身は彼らの不参加の気持ちはよく分かる。ダルビッシュ投手は、1年目の活躍でローテーション入りは確実だが、1年目の苦労を考えるとやはりスプリングトレーニングから完全な調整をしてシーズンへの準備を整えたい。

岩隈投手の場合は、2年目のシーズンでローテーション定着を期待される。こちらもスプリングトレーニングで完全な調整をしてシーズンに臨みたい。そこにWBCで投げることを考える余裕は全くないだろう。

そしてまだ回答していない黒田投手にしても、チームが決まっていない今、即答する事はむずかしい。もちろん日本代表として投げてみたい気持ちもあるだろうが、ドジャースに復帰するにしても、新しいチームのユニフォームを着る事になっても、チームに溶け込むためにはWBC出場は難しいかもしれない。

そうなると山本監督も言っている通り、日本人投手だけでの出場になるだろう。しかし、私はその方が日本のレベルの高さを示すには好都合だと思う。メジャーで活躍する日本人投手が参加すれば、やはりメジャーでの経験を積んだ選手だから日本は強いというイメージがアメリカのファンにはつく。おそらく、前回、前々回もイチロー選手や、松坂選手などの活躍はメジャーリーガーが活躍したと映っただろう。今回は全員日本プロ野球の選手で出場して、アメリカ、南米のチームを一泡吹かせれば、日本のレベルが高いという事を示す事ができるのではないでしょうか? 今回のWBCは、日本人プロ野球選手による、日本の緻密な短期決戦に強いツナギ野球を見せて欲しい。

(日本プロ野球)